【地域木の駅DB】 概要一覧  | 背景一覧  | 全体運営一覧  | 地域経済一覧  | 骨格情報一覧
地域の背景
10 | 50 | 100 | 500 | 1000

  
1 | [ 前の50件 | 次の50件 ]
木の駅名 記載者名 記載者役柄 地域全体の状況 山林面積とその状況 山主の数とその状況 商店の数とその状況 森林保全活動者の状況(種類、人数など) 更新日時
笠周木の駅プロジェクト
丹羽健司
笠周のうち、中野方は513戸 人口1,782名、こどもの数は
  保育園 43名
  小学校 63名
  中学校 63名
計 169名
と、限界集落に片足を突っ込んでいます。
中野方は513戸そのうち半分が山を持っています。森林面積1,835ha、うち67%の1,226haが人工林で、そのうち90%が杉・桧の林です。昭和30〜40年代、木材の需要が増し、山にはもちろんのこと、田や畑そして家の周りの草場にも杉や桧が植えられました。
それから、40年、成長した木は手入れされずに放置林となっています。これは、国産木材の需要の減少、価格の下落、それが林業の担い手の減少へとつながったと考えられています。
中野方2009年アンケート調査から
・山主数 約160人平均年齢は68歳)
・山主の山への愛着は深く、手入れをしていきたい思いは確実にある
・山主は高齢化。後継者は地域外に出ているか、山への関心はない。
・間伐・搬出できるくらいの機材と技術は持っている人が多い
中野方2009年アンケート調査から
・男性11人、女性3名で、平均年齢は59歳
・半数以上の商店ががけっぷち状態
・現状の山は放置状態にあり、何とかしたいと思っている。
・地域性を生かした、あるいは時代にあっている商売はそれほど落ちていないか上向き
・若い経営者による商工会や、「むじん」といった地域での人のつながり・情報共有のしくみは今も生きている
・地域のために活動したいと思っているが、今は何もしていないという人もけっこういる
【森林ボランティア団体】
  団体名:  杣組
  活動内容: 間伐
  活動回数: 不定期

一人でも多くのチェンソーがつかえる「杣サ」の育成と考え、2009年の6月に「杣組」を立ち上げた。中野方まちづくり委員会をとうして働きかけたところ17名の「杣サ」の卵がうまれた。組員は定年退職された人、会社員、公務員、自営者等で構成。
2013-04-03 [詳細] 
智頭木の宿場 実行委員会
岡田邦雄
杉小判部長
93%が森林
山奥地の出入りはまだまだ
枝打ちをして良材の清算を目的としているので、チップパルプ材が少ない。
【森林ボランティア団体】
団体名:蟷咳合同銀行
活動内容: 植栽、下刈り、間伐、歩道整備、
      東屋整備、椎茸食菌など
2016-03-04 [詳細] 
旭木の駅プロジェクト
西川 隼人
人工 3,040人
地域 82,16km2
6,734ha
内訳
  人工林 4647ha
  天然林 1838ha
  その他 205ha
 750戸
 150店舗(商工会登録数)
【森林ボランティア団体】
団体名:  矢作川水系森林ボランティア協議会
活動内容: 間伐・木工・自然観察など
活動回数: 数百回/年
2013-03-24 [詳細] 
木の駅上石津
三輪 直義
監事
・牧田、一之瀬。多良、上石津全体
・少子高齢化
・都市に近いので出て行ってしまう(働き口が外にある)
・通学するために都市にいってしまう
・同級生がいない
・山林90%,崩壊も多い。手入れがされていない。災害が起きやすい
・山林育成者の減少、
・山の場所がわからない人が多い
・高齢者の人が山に入る -> 若い人が入る
・一之瀬は地勢調査が打差荒れている -> 8割になっている
・30店舗くらい。
・商工会に入っていない人が(登録店舗に)入っていない
・山に、木の駅をやる人みんなが入る
・一之瀬は林道があるので、その他の人でも・・・

【森林ボランティア団体】
団体名:  上石津林業クラブ
活動内容: 町内での間伐
活動回数: 10回/年
2013-03-24 [詳細] 
さめうら水源の森木の駅プロジェクト
【森林ボランティア団体】
団体名:  さめうら水源の森ネットワーク
活動内容: 上下流交流会、一般からの提供林の間伐
活動回数: 20回程度/年
2013-03-24 [詳細] 
エコビレッジ阿波木の駅プロジェクト
2013-03-05 [詳細] 
白鳥町木の駅プロジェクト
和田 透
コーディネータ(市役所)
H16年 7町村合併 1,31km2
郡上北部 中心地 白鳥 197km2(3,380人)
郡上最北部 長良川・庄川 103km2(11,958人)
16,154ha うち人工林6,565ha
2013-03-25 [詳細] 
高鷲町木の駅プロジェクト
山川 肇
会員
7,500haうち人工林3,208ha
林業グループ約20名
2013-08-20 [詳細] 
二ツ井宝の森林(やま)プロジェクト
船山 富雄
 豊富な天然秋田杉の木材産業で栄えた木都能代、その隣旧二ツ井町はその生産地であった。
 梅内聚落(自治会組織)の植林記念碑によれば、植林は明治18年部分林の設定に始まりその後、時の先駆者たちにより、梅内沢の国有林に部分林契約が結ばれた。森林の成長とともに収益も得るようになり、戦後の復興とともに植林意欲も高まった。更に、昭和41年「林野法」の改定により、全集落住民に1haの原野が均等配分され、杉の植林が大いに奨励され面積が拡大された。森林からの収益は聚楽財政はもとより住民へも還元された。
 木材需要の低下や外材輸入の増加、住民の高齢化など社会情勢により、間伐等適切な管理が行き届かない森林が多くなってきた。梅内聚楽では、森林の振興のため市や県に対し基幹林道や作業道整備の要請をし、今現在は2か所で工事がなされており、整備された林道は有効活用されている。これまで、先祖や先輩たちが汗を流して育んできてくれた貴重な財産を、次世代につなげていきたい、そのためにも集落林や個人有林の適切な管理を進めたいという強い想いがプロジェクトに繋がった。
二ツ井町梅内は11の集落からなり、戸数170戸ほどで、森林面積は集落林400ha、個人有林800ha合わせて1,200haと、多くの森林に囲まれた山村地域です。
170人
200くらい
梅内聚落=>集落林の手入れ
2014-02-03 [詳細] 
吉賀町木の駅プロジェクト
小林 健吾
事務局
・人口 6,800人(柿木村 1,600人)
24年度 旧柿木村 木の駅 1か所
25年度 吉賀町 木の駅 2か所
92.2%(336.3km2のところ 310.1km2)
旧柿木村 36店舗 25店舗登録(70%)
2013-03-05 [詳細] 
丹波篠山木の駅プロジェクト
高橋隆治
実行委員長
市域の70%が山林、そのうち75%が広葉樹林
27000ha、人工林率25%
地域通貨「里山券」取扱加盟店舗:約20店舗 (→随時募集中!)
登録出荷者(間伐材持込者)   :約60名  (→随時募集中!)
2015-09-17 [詳細] 
奥出雲町オロチの深山きこりプロジェクト
川西 博司
奥出雲町農林土木課
・人 口:13,527人(平成28年2月現在)
・世帯数:4,850世帯
・小学校:10校 
・中学校:2校 
・高 校:1校
・高齢化:65歳以上39.68%
・製材所:民間7事業所(個人経営が主で大手は無し)
・森林組合:仁多郡森林組合
奥出雲町の総面積は36,000haで、そのうち約83%が森林です。民有林面積は28,000haであり、その内58%が人工林で、島根県全体の人工林率38%を大きく上回り県内一です。
林家数1,811世帯(保有山林面積が1ha以上の世帯数)
商工会加盟事業所は463事業所(平成27年現在)
・子供版きこりプロジェクトを町内中学校2校で開催
(奥出雲町で育つ全ての子供たちにきこりプロジェクトを!)
・森の健康診断への協力

2016-04-26 [詳細] 
うんなん木の駅プロジェクト
佐伯和幸
森林バイオマス推進員
総土地面積:553.4㎢(→東京23区の約9割)
人口:41,917人(H22)
世帯数:12,905世帯(H22)
高齢化率:32.9%
山林面積:437㎢
潜在利用可能資源:約14万㎥(うち伐採量約2万㎥)
森林率:79%
2013-03-25 [詳細] 
信州 木の駅プロジェクト
2013-03-27 [詳細] 
やまおか木の駅プロジェクト
丹羽健司
事務局長
恵那市山岡町は、寒天や陶土生産で有名。
以下工事中
工事中
工事中
工事中
工事中
2013-04-06 [詳細] 
とうえい木の駅プロジェクト
・少子高齢化
・税で間伐盛んに実施
・91%
・専業の林家は少ない、兼業が多い
・山主の高齢化、山に詳しい方が少なくなる
・200店舗弱
 登録 48店舗
森林組合が主
2013-03-05 [詳細] 
秋葉道木の駅プロジェクト
高橋 啓
事務局
・新城市への合併後人口減
・三遠南信自動車道開通から地消量が減少
対象地域 約 5,000ha
700名前後
大野商店街 店舗数 約40
毎年1店舗ずつ閉店している。
自伐林家 請負個人業者、森林組合などにより、森林整備・活用が行われている。
【森林ボランティア団体】
団体名:  NPO法人 森林真剣隊
活動内容: 市民参加の森づくり事業ほか
活動回数: 35回/年
2013-04-12 [詳細] 
木の駅プロジェクト美和
【森林ボランティア団体】
団体名:美和林業坦い手グループ
活動内容:森林整備
活動回数(回/年):3〜5
2013-03-24 [詳細] 
鬼の搬出プロジェクト
2013-04-02 [詳細] 
木の駅どうしプロジェクト
【森林ボランティア団体】
団体名:  NPO法人道志水源林ボランティアの会
活動内容: 間伐 下刈り 枝打ち
活動回数: 18回/年

団体名:  道志間伐材活用横浜サポート隊(道っ木ぃ〜ず)
活動内容: 間伐 造材 集材 枝打ち
活動回数: 30回/年

団体名:  山仕事人の会
活動内容: 間伐 造材 集材 枝打ち
活動回数: 2回/年
2013-03-24 [詳細] 
津和野 木の駅プロジェクト
長引く木材価格の低迷により、手入れ不足で間伐が遅れた山林がたくさんああります。
かつての山林は「自分の山は自分で管理する」自伐林家や「自分一人では管理できなければ寄合で助け合う」協働・地域コミュニティなどで山の手入れをしてきたが、今はそれができない状況になっています。
2013-03-25 [詳細] 
「木の駅」INつぼがわ活動組織
2014-02-08 [詳細] 
よしの木の駅プロジェクト
[詳細] 
ちちぶ木の駅プロジェクト
2014-07-30 [詳細] 
木の駅プロジェクトなかがわ
2015-01-21 [詳細] 
木の駅ねばりん
2014-02-09 [詳細] 
京丹後木の駅プロジェクト
京丹後木の駅実行委員会事務局
京都府京丹後市(日本海に面する丹後半島)
平成16年に峰山町、大宮町、網野町、丹後町、弥栄町、久美浜町の6町が合併し、京丹後市となった。合併時の人口は、約65,000人(H16.4月末)だったが、約59,000人(H26.1月末)に減少している。主な産業は、●金属製品・一般機械・輸送機械製造業(主に精密部品)●繊維・衣服製造業(主に丹後ちりめん)●農林水産業(国内最大規模の開発面積・国営農地)●観光業(泉源数 京都府下No1、間人ガニ)
全体面積(50,184ha)
森林面積(37,245ha)森林面積の内訳(人工林26%、天然林68%)
農業、機業等が盛んであったため、人工林面積は少なく薪炭利用されてきた里山林が多い。
森林所有者は、約5,000人。1ha以下の小規模森林所有者が65%を占めている。
木の駅登録店舗数90店舗。地域の個人商店などの小売り店舗は、減少傾向。
森林組合は、市内に1団体。森林整備は、森林組合に委託するか森林所有者が自身で行っている。しかし、森林整備を行う森林所有者は高齢化しています。
2014-03-21 [詳細] 
「木の駅」INいたどりがわ
2014-10-27 [詳細] 
能登町里山「木の駅」
清間 洋
能登町農林水産課
2014-10-28 [詳細] 
甲賀木の駅プロジェクト
[詳細] 
木の駅白山
水町 丈雄
NPO法人もりずむ
人口約13,500人(平成27年1月現在)
松阪市や津市市街地へのアクセスも良好で、自然も多い。イオン系列の大型店舗も2店舗あり、住環境は比較的恵まれていて、人口は微増傾向にある。
山林面積は約78㎢。
その多くは間伐遅れが目立つ。
2015-03-08 [詳細] 
額田木の駅プロジェクト
[詳細] 
木の駅やっちろゴロタン
橋本 正浩
八代森林組合 事業課長
 八代市は、九州山地から八代平野まで広大な面積を有し、平野部は、日本三急流の1つである球磨川や氷川の両水系で形成された豊かな大地が広がり、施設園芸及び製造業が盛んであることから、ハウス加温用ボイラーや工場の熱源設備が多く点在し、化石燃料への依存度が高い状況となっている。
 このようなことから、地域特性を生かし燃料となる木材の安定供給と地産地消を推進するための木材集積の拠点として「木の駅やっちろゴロタン」ができた。
 八代市の森林面積は、約50,200haであり、全面積の74%を占めている。国有林を除いた民有林約40,261haのうち、人工林は、約27,414haで約68%を占めている。
八代森林組合員数3,166名
熊本県認定事業体の数は11業者
2015-08-05 [詳細] 
しらたか木の駅プロジェクト
加藤 晃一
実行委員
白鷹町は山形県の南部(人の顔で言えばエクボ)に位置し面積は157.7平方Km、人口は1万4,249人(平成27年5月現在)の小さな町です。
町の中央を最上川が南北に流れ、東側は白鷹山などの白鷹丘陵、西側は朝日連峰に囲まれ、山岳部のほとんどは森林となっており、かつては林業が盛んでしたが、今は稲作を主とした農村となっています。
町内には山形市や米沢市、寒河江市などに通じる国道が二本(R287 R348号)通じており、鉄道路線は第三セクターの山形鉄道が走り、南陽市で山形新幹線、奥羽線とつながります。
市街地は大きく二つとなっており、町東部の荒砥地区が実質的な中心部で白鷹町役場、消防分署、荒砥高校があり、また西部の鮎貝地区は文化交流施設や旧鮎貝城城址である鮎貝八幡宮などがある歴史的な街並みを形成している状況です。
白鷹町の森林の面積は約10,268ha(全体の64%)で、このうち57%が人工林となっており、そのほとんどが杉林となっています。
そしてこの人工林は既に成熟期を迎えていますが、林業の収益性の低下や過疎化、高齢化による担い手不足から間伐などの整備がととのっておらず、放棄された森林も目立つ状況となっています。
さらに平成25、26年と2年連続し豪雨災害に見舞われ、特に手入れ不足の林地や下流の集落などに大きな被害が出て、町民も現在の森林の状況に危機感を持ち始ている状況です。
町内の森林のほとんど(9,287ha)は民有林でこのうち人工林は5,303haを占めており、山主は約3,200名となっています。
しかし山主の現状は、ほとんど山には行かず、自分の山の状況について関心も持たず、荒れるにまかせた状態となっています。
ここで町当局が最も頭を悩ませているのが境界問題で、町では昨年度から境界確定の試行を行っていますが、山主が都会に出たり、相続手続きを行わなかったりしており、困難を極めている状況です。
町内は最上川の東西で商店街を二か所形成していますが、いずれも一部のスーパーを除き小規模で、町民は隣接する長井市や山形市などに買い物に出かける状況です。
町の森林組合は白鷹町を含む西置賜地区に統合されてしまい、町独自の活動がままならない状況です。
また、町内には各地区に地区の共有林があり、以前から財産区を設け管理していますが、境界の確認や下刈りまでで、間伐までは至っていない状況となっています。
しかし昨年度現在の森林の状況に危機感を持った有志で町内に当しらたか木の駅プロジェクトともう一つのNPO法人しらたか再生ネットワークの二つが立ち上がり、それぞれ具体的活動を始めており、今後どういう方向に向いていくのか見守ってほしいと思っています。
2015-08-21 [詳細] 
東城木の駅
[詳細] 
木の駅かわね
[詳細] 
「い〜にゃん森の恵み」林活プロジェクト
田部 宏幸
産業振興課 主幹
 平成17年に旧赤来町と旧頓原町が合併して発足。

 昭和35年に13,000人を超えていた人口が、その後減少の一途を辿り、現在では5,161人(H28.1時点)

 島根県の中南部に位置し、広島県との県境をなす中国山地の豊かな自然に育まれた地域であり、平坦部でも標高が約450mと高く、県内でも代表的な高原地帯。また、一級河川斐伊川の一次支川である神戸川の源流域に位置する。

 国道54号が本町の中心を南北に走り、山陰の重要な物流幹線道路となっていたが、平成25年3月に中国横断自動車道尾道松江線が開通により、国道54号沿いのサービス業は客入り6割減と大きな痛手を受けている。

 本町の面積は242.84km2で、そのうち山林面積が211.56km2で町面積の87.1%を占め、豊富な森林資源に恵まれた地域である。本町では、「里山再生」を町の重点施策として掲げ、平成20年度に策定した「飯南町バイオマスタウン構想」に基づき、林業再生とあわせて木質バイオマスの利活用推進に取り組んでいる。
商品券取扱い店舗
227店舗
2016-02-05 [詳細] 
高山市木の駅
2016-02-28 [詳細] 
小国木の駅プロジェクト
2016-03-03 [詳細] 
丹波市木の駅プロジェクト
2016-06-03 [詳細] 
41
[詳細] 
42
[詳細] 
43
[詳細] 
44
[詳細] 
45
[詳細] 
46
[詳細] 
1 | [ 前の50件 | 次の50件 ]
Copyright(c) kinoeki.org 2009- All Rights Reserved
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project
theme design by Mieko Ikadai