HOME >> 教え合い広場 >> カテゴリ【出口:材利用】 >> カテゴリ薪エネルギー利用 >> 薪エネルギー出口

カテゴリ: 薪エネルギー利用

更新日時:2014-5-15 14:18
 
No.21 薪エネルギー出口
質問者: root
薪利用の木の駅の場合の注意点は?
2014-5-15 14:18
緊急度: どうなの?

≪ 受付中 ≫

No.1
薪利用の場合、重量換算の必要はありません。木の駅で薪利用に向かう場合、いわゆる木の駅と薪組織を混同しがちになります。薪組織は木の駅とは別に組織を作ることをオススメします。すなわち、出荷先のチップ工場と同じように薪組織を位置付けます。チップ工場が1mや60儖焚爾楼き取らないと言うように、薪組織は「できれば40僂稜椰瑤猟垢気如廚箸注文を付けます。木の駅はそれに沿った原木供給と価格交渉を行うことになります。薪ボイラーであれ個人薪ストーブユーザーであれ、薪製造・販売については薪組織の問題として、木の駅実行委員会とは切り離すことが大切です。長野県根羽村、愛知県豊田市、岐阜県恵那市の木の駅で始まりました。
回答者: root
2014-5-15 14:18

Copyright(c) kinoeki.org 2009- All Rights Reserved
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project
theme design by Mieko Ikadai