HOME >> 教え合い広場 >> カテゴリ【運営】 >> 運営費用

カテゴリ: 【運営】

更新日時:2014-5-15 14:16
 
No.20 運営費用
質問者: root
逆ザヤや事務局費の捻出はずーっと寄付や助成金頼りなのでしょうか?
2014-5-15 14:16
緊急度: どうなの?

≪ 受付中 ≫

No.1
今の原木価格やチップ相場が本当に価値に見合ったものなのかどうかはさておき、今の相場が続くとすれば、薪利用にその活路があるようです。
燃焼効率の高い薪ボイラーに安定して乾燥した薪が供給できれば、化石燃料比較で原木単価で立米4〜5000円は確保可能です。温泉や福祉施設など1か所あたり300〜1000立米の需要が見込めます。さらに薪づくりなどの新たな就業機会が生まれます。また、薪ストーブユーザーが100戸確保できれば500〜900立米の需要が見込めます。地元の福祉施設や学校、公民館などの暖房や給湯を順次薪燃料に切り替える運動を進めていけば可能です。行政と連携しながら、まさに住民自治で決めていけることです。そうすると、これまでアラブやアメリカに流れていたお金が地域を循環し始めます。地域の自立、エネルギ自給、住民自治…そんな言葉が身近に感じられます。
回答者: root
2014-5-15 14:16

Copyright(c) kinoeki.org 2009- All Rights Reserved
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project
theme design by Mieko Ikadai